• Home
  • /
  • 日産自動車、2018年北京モーターショーにて「シルフィ ゼロ・エミッション」を世界初公開

日産自動車、2018年北京モーターショーにて「シルフィ ゼロ・エミッション」を世界初公開

中国のお客さま向けに中国で生産するニッサンブランド初の電気自動車
Nissan Sylphy Zero Emission revealed in Auto China 2018

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は25日、2018年北京モーターショーにて、中国のお客さま向けに中国で生産する電気自動車「シルフィ ゼロ・エミッション」を世界初公開しました。

新型「シルフィ ゼロ・エミッション」は、100%電動パワートレインならではのエキサイティングな走行性能に加え、搭載された先進技術と広々としたキャビンが高い利便性と快適性を提供します。また、航続距離は中国の基準*で338kmを達成しており、お客さまは長距離ドライブを楽しむことができます。

日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)であり、中国事業を担当するホセ ムニョスは、「新型『シルフィ ゼロ・エミッション』は、中国における当社の電動化戦略の新たなステップです。『シルフィ ゼロ・エミッション』は、ニッサンブランド初となる中国市場向け量産電気自動車であり、当社が今後5年で投入を計画している20車種の電動駆動車のうちのひとつです。」と述べました。

「シルフィ ゼロ・エミッション」は、日産が70年以上にわたって積み重ねてきた電気自動車の研究開発と、25年以上にわたるバッテリーの研究開発及び生産の賜物です。日産はグローバルに累計約32万台の「日産リーフ」を販売しており、同社が培ってきた電気自動車のノウハウは、新型「シルフィ ゼロ・エミッション」にも活かされています。

「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現した「シルフィ ゼロ・エミッション」は、世界で最も販売されている「日産リーフ」と同じプラットフォームをベースとし、「日産リーフ」のコア技術を継承することで、安心感のある安定した走りを提供します。

同車は、バッテリーを座席下に配置する EV専用プラットフォームにより、クラストップの広さを持つレッグルームと、快適で広々としたキャビンを実現しています。人間工学に基づいて設計されたシートは、ヒーター機能をオプション設定することで、快適性を高めました。また、コネクティビティ機能により、モバイル端末から、オーディオやビデオのリモート操作をすることが出来ます。

「シルフィ ゼロ・エミッション」は2018年後半に発売予定です。同モデルの詳細情報は後日発表いたします。

* SMVICがNEDCモードで測定。

以上