• Home
  • /
  • 「Nissan GT-R50 by Italdesign」、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで世界に向けてデビュー

「Nissan GT-R50 by Italdesign」、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで世界に向けてデビュー

Nissan GT-R50 by Italdesign

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)とイタルデザインは9日、「Nissan GT-R50 by Italdesign」が、7月12日に英国チチェスターで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて、世界へ向けてデビューすると発表しました。

Nissan GT-R50 by Italdesign」は日産とイタルデザインが初めて提携したことにより誕生したプロトタイプモデルで、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念するモデルですが、将来的に台数限定で生産する可能性があります。

「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは、両社が50年間お客さまの夢を常に鼓舞しつづけたことを祝福する、パワーと芸術性の融合である『Nissan GT-R50 by Italdesign』をお披露目するのに理想的なイベントです。このプロトタイプモデルと同様に、グッドウッドはクルマのデザインやパフォーマンスを讃え、過去と未来の独創的な自動車への耽溺、そして愛にあふれています。だからこそ、人々の想像力をかき立て、夢を膨らませるこのプロトタイプ車を出展するのに最高の場所なのです」 と日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサは述べました。

「Nissan GT-R50 by Italdesign」はグッドウッドを皮切りに今後数か月の間に世界各地でお披露目される予定で、お客さま向けに本プロトタイプから創意を得た車両を限定生産する可能性があります。その場合には、50台以下の車両がお客さまそれぞれの好みにあわせて仕立てられ、イタルデザインが生産することになります。価格はおおむね90万ユーロからになると想定されます。

精密さとクラフトマンシップ、そして力強さ
最新のGT-R NISMOをベースに、欧州スタイルの感性でつくりあげられた「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、力強さにイタリアならではのクラフトマンシップとテイラーメイドが組み合わされています。そのデザインは、ベース車を最大120PSも上回る特別なパワートレインとアップグレードしたシャシーやドライブトレインが実現する高性能に裏打ちされています。

本プロトタイプの開発、設計、製造はイタルデザインが、そして独創的でキレのよい外装・内装デザインは、ロンドンの日産デザインヨーロッパと、日産デザインアメリカが担当しました。
ボンネット上に鎮座するパワーバルジ、シャープなLEDヘッドライト、低いルーフラインやフロントフェンダーの特徴的なエアアウトレットの「サムライブレード」などがその存在感を際立たせ、大きな可変式リアウイングが、全体の印象を引き締めています。そして、「リキッドキネティックグレイ」塗装仕上げのエクステリアカラーリングは、50周年記念として「エナジェティックシグマゴールド」がアクセントになっています。

インテリアはモダンで高性能な系譜を受け継ぎ、センターコンソール・インストパネル・ドアの内張りには2種類の異なるカーボンファイバーが、シート素材には黒のアルカンターラと、同じく黒のイタリア製レザーが採用されています。さらに、エクステリアにあわせてコックピットにはゴールドのアクセントが散りばめられています。

「Nissan GT-R50 by Italdesign」は、デザインだけでなく、さらなるパフォーマンスも追及しました。GT3での経験を活かしてニスモで手作業によって組み立てられる3.8リッターV6 VR38DETTエンジンは、最高出力720ps、最大トルク780 N・mを発生する見込みです。また、このパワーに対応するため、新しいビルシュタイン製サスペンションとブレンボ製ブレーキを採用しています。

イタルデザイン・ジウジアーロのCEOであるヨルグ・アスタロッシュは、次のように述べました。「イタルデザインには、お客さまの夢を実現してきた長い歴史があります。私たちは今回、日産をパートナーとして迎え、夢のGT-Rを実現しました。両社の目指すところは、この『車のモンスター』がほどなくして50名の選ばれしエンスージアストの生活に新たな彩りをもたらすことです」

以上

 


ニュースリリース

2018/06/29 日産とイタルデザイン、GT-Rの限定プロトタイプ車を公開