• Home
  • /
  • 伊勢市と日産自動車、災害時における電気自動車からの電力供給に関する「災害連携協定」を締結

伊勢市と日産自動車、災害時における電気自動車からの電力供給に関する「災害連携協定」を締結

Nissan LEAF (charging)

伊勢市(三重県伊勢市、市長:鈴木 健一)と日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)、および、三重日産自動車株式会社(本社:三重県津市、社長:岩井 純朗)は29日、災害時における電気自動車からの電力供給に関する、「災害連携協定」を締結したと発表しました。

本協定は、「伊勢市は、地震災害や風水害、その他の災害を要因とする大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等において、三重日産自動車より貸与される電気自動車(EV)「日産リーフ」の電力を電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の生命や身体の安全を守る」というものです。

「災害連携協定」の概要は以下の通りです。

【協定の概要】

  • 日産自動車、および、三重日産自動車は、伊勢市で災害発生を起因とする停電が発生した際または災害が起こりうる状況で市からの要請があった際に、市が指定する避難所(伊勢市生涯学習センター「いせトピア」)に、三重日産自動車の店舗に配備している電気自動車(EV)「日産リーフ」を無償で貸与する
  • 伊勢市、日産自動車、三重日産自動車の協力により電気自動車(EV)からの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命及び身体の安全を守る

 

また、この連携に賛同した株式会社赤福も、同日、伊勢市と災害連携協定を締結しました。

株式会社赤福も同様に、伊勢市との協定に基づき、大規模停電発生時または災害が起こりうる状況時に同社が保有する「日産リーフ」を同避難所に無償で貸与致します。

伊勢市ではこれまで、公共施設の耐震補強や津波避難タワーの建設など「命を守る」取組を行ってきました。今後は「命をつなぐ」取組として、災害用トイレの整備と備蓄倉庫の計画を策定するなど、避難所の環境改善に積極的に取り組んでいきます。

日産自動車は、人々の生活を豊かに、というビジョンのもと、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を推進し、独自性にあふれ、革新的なクルマやサービスをお届けすることを使命に活動を続けています。また、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、昨年5月に日本電動化アクション『ブルー・スイッチ』を発表し、その活動を牽引するリーダーとして、多くのパートナーと共に、EV普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいます。

今回、伊勢市との「災害連携協定」も、ブルー・スイッチ活動に基づくものであり、日産は今後も、『ブルー・スイッチ』の推進に加え、電気自動車というクルマの販売にとどまらず、EVがもたらす豊かな生活の実現、そしてEVが成し得る社会変革のために、EVの生み出す新たな価値を世界に発信し続け、よりよい社会づくりに貢献していきます。

以上