• Home
  • /
  • 「日産リーフ」に「X Vセレクション」を新設定

「日産リーフ」に「X Vセレクション」を新設定

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は、25日、「日産リーフ」に、特別仕様車「日産リーフ X Vセレクション」を設定し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。


日産リーフ X Vセレクション

 

日産リーフ」は、ゼロ・エミッションであることに加え、電気自動車ならではのスムースでパワフルな加速と低重心を活かした軽快なハンドリング、さらに、安心なドライブをサポートする様々な運転支援技術により、多くのお客さまに高く評価される、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するクルマです。日本国内では、累計で12万5千台*を超える販売台数を記録しています。

*累計販売台数は自社調べ、期間は、2010年12月から2019年6月末

今回発売する「日産リーフ X Vセレクション」は、「日産リーフ」の40kWh 「X」グレードをベースに、お客さまからご好評の運転支援技術「プロパイロット」や「インテリジェント アラウンドビューモニター」などの先進安全技術と、17インチアルミホイールを標準装備とし、お求めやすい価格としました。

「プロパイロット」は、高速道路における単一車線での運転支援技術であり、渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をシステムがサポートし、ドライバーの疲労やストレスを軽減します。
また「インテリジェント アラウンドビューモニター」は、クルマを上空から見下ろしているかのような映像をディスプレイ画面に表示することで、ひと目でクルマの周囲の状況を把握でき、安全性と利便性を高めます。

「日産リーフ X Vセレクション」の主な特別装備内容は、下記の通りです。

  • プロパイロット
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付き)
  • インテリジェント ルームミラー
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)
  • インテリジェントDA(ふらつき警報)
  • 17インチアルミホイール
  • 215/50R17 91Vタイヤ
  • 電動パーキングブレーキ
  • ステアリングスイッチ(メーター・ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)

e+ X (62kWh Xグレード) には、X V セレクションの設定はございません。 なお、「プロパイロット パーキング」は、オプションで選択することはできません。


日産リーフWEBカタログ:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf.html

以上