• ホーム
  • /
  • 日産自動車、放射冷却素材Radi-Coolを採用した純正アクセサリーを発売

日産自動車、放射冷却素材Radi-Coolを採用した純正アクセサリーを発売

ラディクールジャパン株式会社と自動車用放射冷却部品の開発契約を締結

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、放射冷却素材の「Radi-Cool(以下、ラディクール)」を、自動車メーカーとして初めて純正アクセサリーに採用しました。11月2日より全国の日産自動車の販売店舗にて、同素材を使用した「サンシェード」、「カーサイドタープ」、「ハーフボディカバー」を一部車種*向けに販売を開始します。

今回、日産が純正アクセサリーに使用したラディクールは、ラディクールジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:何 軍、以下、「ラディクール社」)が開発した素材で、環境負荷が少なく、省エネ効果を高めて、ゼロエネルギーで物体を冷却する世界初の「放射冷却メタマテリアル技術」を採用しています。

ラディクール社の「放射冷却メタマテリアル技術」は、物体の表層の材料組成と、そのミクロ構造を調整することで、物体からの電磁波放射を、大気にほとんど吸収されることのない領域である「大気の窓」と呼ばれる波長帯(8μm~13μm)に集約させ、地球の熱を宇宙空間へ放出させることのできる技術です。日産が新たに発売するアクセサリーは、本技術を採用したラディクールを使用することで、一般的な製品に比べタープ内や車室内の気温上昇を抑制することが特長です。

なお、日産自動車の総合研究所は、本年10月にラディクール社と自動車用放射冷却部品の共同開発契約を締結し、新たな実用化を目指した研究開発を開始しました。ゼロエネルギーで自動車の冷却を行うことは、カーボンニュートラルの実現においても、重要な技術の一つとなります。日産は、今後もエネルギー消費を抑制しつつ、自動車の性能向上やお客さまが快適にご使用いただける技術や商品の開発に取り組んでまいります。

 


●カーサイドタープ


●サンシェード


●ハーフボディカバー

 

*:「キックス」向けの商品の販売を開始し、順次、対象車種を拡大していきます。

 

以上