四日市市生活環境公社と日産自動車、電気自動車を活用し強靭なまちづくりに向け共創

災害時支援活動に関する連携協定を締結
四日市市生活環境公社と日産自動車、電気自動車を活用し強靭なまちづくりに向け共創

 

株式会社四日市市生活環境公社と、日産自動車株式会社および日産プリンス三重販売株式会社の3者は、22日、地域の強靭なまちづくりに向けて、「電気自動車を活用した災害時支援活動に関する連携協定」を締結しました。

 

【協定締結の背景】

四日市市生活環境公社は、快適な市民生活を支える担い手として、リサイクルの推進、環境保全などに取り組む地域に根差した事業を推進しています。事業活動におけるCO2発生の抑制、限りある資源の有効利用など、環境対策に積極的に取り組むと共に、大規模災害発生時には四日市市の第三セクターとして復旧支援の迅速な対応が求められています。そのためには災害に強い体制づくりと、電力確保が必須であることから、走る蓄電池となる電気自動車(EV)「日産リーフ」と太陽光発電を組み合わせたV2H(Vehicle to Home)システムを導入し、非常時に迅速に電力供給できる体制を整えています。

日産自動車は、これまで培ってきたEVに関するノウハウやネットワークを活かし、脱炭素、災害対策、エネルギーマネジメント、観光、地方での交通課題などの地域課題解決により、社会変革を行っていく日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を推進しています。EVの普及によるゼロ・エミッション社会の実現を通じ、人とクルマと自然が共生し、住む人がワクワクするまちづくりによる地域社会の発展に貢献するため、全国の自治体・企業の皆さまと共に活動しています。

この日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ」と、四日市市生活環境公社が目指す快適で住みよい環境づくりの推進に向け共に協力していくことに賛同し、本協定の締結を行う運びとなりました。

 

 

【連携項目と取り組み内容】

(1)電気自動車の普及促進、利活用に関すること

  • EVの普及促進を図るため、四日市市生活環境公社、日産自動車および日産プリンス三重販売は、電気自動車の「走る蓄電池」としての活用を通じて、地域住民の環境・防災意識向上を目指す。

 

(2)災害時のおける一時避難所としての一部社屋の開放、電気自動車の活用に関すること

  • 四日市市内の周辺地域で災害を起因とする停電が発生した際、四日市市生活環境公社が地域の一時避難所として一部開放した社屋内で、同社が設置した太陽光発電を組み合わせたV2Hを活用し、社用車として導入したEV「日産リーフ」および日産プリンス三重販売より無償貸与するEVからの電力供給を行うことで、地域住民の生命及び身体の安全を守る。

 


EV「日産リーフ」と太陽光パネル、V2Hを活用した災害時の電力供給イメージ図

 

四日市市生活環境公社と日産自動車は、EVの積極的な活用により環境保全・防災対策等、本協定締結に基づく取り組みを行います。今後も四日市市生活環境公社が事業を通じて行う、快適で安心して暮らせる市民生活の実現に向けた取り組み、また大規模災害等の発生時には迅速な支援活動が可能となる環境づくりに向け、共創してまいります。

 

以 上


 

First Contact Nissan Technology:https://www3.nissan.co.jp/first-contact-technology.html

日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」:https://www3.nissan.co.jp/first-contact-technology/blue-switch.html