• ホーム
  • /
  • 「日産サクラ」が2023年度の国内販売で電気自動車販売台数No.1を獲得

「日産サクラ」が2023年度の国内販売で電気自動車販売台数No.1を獲得

ベージュの壁の前に斜めに停車しているホワイトカラーの日産サクラ

 

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、2023年度(2023年4月-2024年3月累計)の国内販売で、「日産サクラ」の販売が34,083台となり、2022年度に引き続き、2年連続で電気自動車(EV)販売台数No.1*1を獲得したと発表しました。

軽の電気自動車、「日産サクラ」は、軽自動車ならではの小回り性能に加え、圧倒的な静粛性や力強くなめらかな加速、上質で洗練されたデザイン、日常使いに十分な航続距離、充実した先進技術などに加え、お求めやすい車両価格やランニングコストなどがお客さまから好評を得ています。また、国内における数々の賞を受賞するなど、その商品力と安全性の高さも評価されています。

毎日のお出かけを共にする新たなクルマの選択肢として「日産サクラ」をお選びいただくお客さまが増えた結果、2023年度の国内EV販売台数において、約41%*1を本モデルが占めるなど、日本市場におけるEV普及をけん引し、今回の販売台数No.1につながりました。また、環境負荷低減、およびBCP*2対策を目的とした法人や自治体での導入も進み、営業車や商品配送、さらには空港内での荷物輸送の牽引車としてなど、さまざまな場所で活躍をしています。

なお、「日産サクラ」は、30%以上のお客さまが充実した装備を備えた最上位のGグレードを選択されています。またボディカラーは、ホワイトパールが1番の人気カラーで、次いでホワイトパール/チタニウムグレー 2トーンが好評です。

 

*1 2024年4月 日産調べ

*2 Business Continuity Plan, 事業継続計画

 

以上